アクアリウム工房 〜趣味の部屋〜TOP ≫  アクアリウム ≫  計画停電時の発酵式CO2添加を振り返って

計画停電時の発酵式CO2添加を振り返って

こんにちは。

アクアで馴染みのあるゼオライト放射性セシウムの吸着効果があるとして、福島第一原発で使用されているようですね。

MSN産経ニュースより転載
“【放射能漏れ】東電、2、3号機取水口に放射性物質の吸着材を投入 海水放射能を浄化 - MSN産経ニュース”
20110416アクアリウム(ゼオライト)吸着 放射性セシウム MSN産経ニュース.JPG


FNNニュースより転載
“FNNニュース: 福島第1原発事故 2...”
20110416アクアリウム(ゼオライト)吸着 放射性セシウム FNNニュース.JPG


ゼオライト、私は使ったことはありませんが、すごい力を持っているんですね。

でもニュースを見ると、取水口付近にゼオライトって・・・海水につけるわけですが、それでも効果あるんでしょうか。実際に始めているので、効果あるんでしょうが・・・。





それでは今日のお話です。

ここ一ヶ月ぐらいの間に、病気と思われた「カージナルテトラ×2匹」「アベニーパファー×1匹」が亡くなりました。

そして最近、気温が上がってきて、発酵式CO2の出が上がってきました。


そんな状況を見ると、
以前、計画停電“酸欠か?”と騒いだ時のことで、あらためて思うことがあります。

やっぱり、単純な酸欠じゃなかったんだなぁと・・・

そう思っていた方も多いでしょうね。

(その時の記事→“続々・計画停電(輪番停電)・・・今度は酸欠か??になったときのこと・・・”



私がどうして、あらためて思ったかと言うと・・・

・計画停電の時に瀕死になったカージナルテトラは、やっぱり病気っぽかったということ。(他の生体は元気だった。)

・今、エアレーション無しで24時間発酵式CO2を添加していますが、全く問題が無いということ。

・そして、発酵式CO2の添加は外部フィルターの2213サブと2213の間に繋いでいたということ。
→停電してたら、CO2が溶解されずに、外部フィルター内に溜まるかな・・・まったく頭にありませんでした。


そんな背景があったからです。



ただ、計画停電の終わりに伴い、
外部フィルター、ヒーター、エアレーションが動き出し、
瀕死のカージナルテトラが復活したという事実はあります。


体が弱っているところに、それらの停止による体への負担が大きかったのかな、と思っています。

停電による、濾過の停止、水温の低下、溶存酸素の減少、水の停滞、など・・・



日頃から水を綺麗に、生き生きするように管理しろということでしょうか。





↓↓↓ランキングアップに『ポチっとご協力をおねがいします^^』
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ 人気ブログランキングへ

【アクアリウムの最新記事】

コメント
投稿者:王虎2004(2011年04月17日 19:09)
こうした経験を積み重ねて
アクアリストとして成長していけるんじゃないでしょうか。
あまりしたくない経験ですけどね^^
投稿者:もじお(2011年04月18日 09:20)
<王虎2004さんへ>
そうですね、失敗が多いですが、以前より成長している気はします。
まだまだでマイペースな私ですが、めげずにやっていきます。
そうしたら、失敗も減るかなぁー。
コメント投稿フォーム:
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバック
Copyright (C) アクアリウム工房 〜趣味の部屋〜. All Rights Reserved.
損したくない助成金・給付金
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。